ペンスケ/フロント/リア/サスペンション/スプリング

    国際A級 元全日本選手権ライダーの店長(カトちん)があなたのサポーターです。
モタードカスタム 足廻り

全パーツ全国発送OKです!詳細はお問い合わせください

ペンスケ/フロントサスペンション/スプリング




----ノーマルより約30%アップ(STD0.37N/m ⇒ 0.48 N/m)----

■ 適合車種  SUZUKI 250SB ’01〜
           KAWASAKI D-TRACKER ’98〜

■ キット内容 スプリング,スプリングガイド 1台分 フォークオイル 10番 約1.2リッター 

Dトラッカー、250SBに乗る人で、「フロントサスペンションの柔らかさが気になる」
という人が多い。弱点といえば弱点。欠点とも言うかもしれないけど、フロントサスペンションに疑問や不安を感じている人は是非試してほしい逸品です。
「よく曲がる」「よく止まる」に重要な場所ですからね。

●カトちんのインプレ
STDよりもまたがった時に ”おっ!なんか沈まない”という感じになる。
そう、乗車1Gでもう沈まなくなるのだ。

走り始めると、低速は少し ”ゴツゴツ”とした感じに気付くだろう。
速度が上げるとと、その ”ゴツゴツ”感もなくなり、この辺でブレーキ!
           
            ’うんうん 良くなってる’

ブレーキをした時、ノーマルみたいに、【ズコッ】 と前下がりにならないのだ。

これで、ブレーキにも不安がなくなる。 これは、いいかもしれない。
タンデムだと効果は歴然だ!

        いいものを 創ってくれました PENSKEさん

ただ、ブレーキ中レバーを ”パッ”っと放すとフロントフォークが
”スコッ”と戻ってくる。

あまりこんな使い方はしないだろうけど、そのせいで少し ”ピッチング”
(車体がスイングアームピポットを中心に前後に動くことね)
が気になる。

Dトラ・250SBはフロントフォークに ”減衰調整”が”圧側”しか
付いていない。この ”スプリングキット” に含まれている
フォークオイルの ”油番” は ”10番” なので、スポーツライディングを
する方は、15〜20番に替えた方がいいかも。

しかし、乗り心地が犠牲になるので ”街乗りオンリー” の人は
10番のままでいいでしょう。

レース時には、コースを走行すると(油番#15,油面110m/m) カットスリックを履いた状態では街中での ’ぴょこぴょこ’ した動きもなく、スピードの高いコーナーでは踏ん張っているのが良くわかる。
特筆すべきはブレーキング時。
ウチのバイクは ’ブレンボ&ブレーキング’ で強化しているが
かなり強烈なブレーキをかけても車体は安定している。

フロントが安定することでリヤをスライドさせる事に専念できるし、
’ブレーキ’ に対する不安もなくなる
この ’アドバンテージ’ はレースで優位になる為の ’アイテム’ の
ひとつとしてオススメの ’一品’ である


画像には’フォークオイル’は写ってませんが
油番#10 約1.2リッター が同梱されてます
ペンスケ フロント サスペンション スプリング
(Dトラッカー,250SB)

ペンスケ/リヤサスペンション/スプリング




■ 適合車種  SUZUKI 250SB ’01〜
           KAWASAKI D-TRACKER ’98〜

フロントサスペンションと同時にリヤサスペンションも交換する事が
一番お奨めですが、同時に購入するのが無理・・・という人には
リヤサスペンションから交換する事をお奨めします。

個人差はあると思いますが、このリヤサスペンションに交換する事で
旋回性が変わる事を実感してもらえるのではないかと思います。

● カトちんのインプレ
”スポーツライディング” をする人や ”タンデム” を
多様する人には 【絶対オススメ】 です。

’ライムグリーン’ のDトラッカーに乗っている人には
特にオススメ!(他の色の人にもオススメだよ 笑)

ノーマルで ”ターミネーターズ”クラスのレースにエントリーした事は
あるけどイニシャルを最高30m/mまでかけた。

でも、Dトラッカー・250SBの場合どうしてもスイングアームが水平に
近くなるところから、急にレバー比が下がる。
そのことで ”高速コーナー” なんかで ”荷重”が高い場合は
急にリヤが下がる。

少し硬いハードスプリングを付けたら ”初期旋回(1次旋回)”は
良くなるが、 ”初期” から硬いスプリングだったので、街中での
乗り心地は、残念ながら ”最悪” ・・・。

もちろん、 ”レース用” だからしかたないねんけど・・・。

そして、”PENSKE”さんから

      【新しいスプリングをテストしてほしい・・・・。】

と、依頼を受けて、このスプリングを装着した。

装着して、すぐ確認できたのが ”初期” を柔らかく設定しているので
”街中” でも乗り心地はイイ。
タンデムしても後ろが極端に下がる事はなく、ある程度 荷重が掛かれば
ふんばってくれる。

             【これは・・・ヨサゲ・・・かも!?】





アスファルトではよくふんばってくれて、スライド時には安定した車体姿勢で
いられる。

それに、もともと土の上ではグリップしにくい ”ロードタイヤ” を履いているが、ダートコース上では初期の柔らかい部分を使ってるのでアクセルを開けるても ”急激なスライド” も誘発しない。

レースでも使用したが、ジャンプやウォッシュボードでも突き上げ感もないようである。

コースのアベレージスピードやダートセクションのレイアウトに合わせて
イニシャルの調整で ’威力を発揮’ するだろう
(標準設定は 街中 8m/m, レースユース 10m/m)

そして、最初にも書いたが ’スポーツライディング’ や ’二人乗り’ を
多用する人にも”一押し” の ”一品” です。
ペンスケ リヤ サスペンション スプリング
(Dトラッカー,250SB)

リヤサスペンション30m/mローダウン


ローダウンすると、車体の重心が下がってバイクの動きが安定する。
操作しやすいと言うわけです。

体格によっては、250SB/Dトラッカーの車高が気になる人もいるでしょう。
ノーマルの車高から30ミリダウンする事によって足着きもよくなります。

特注仕様につき、ご希望の方はまずお問い合わせ下さい。
リヤサスペンション30m/mローダウン
(Dトラッカー,250SB)

Dトラッカー/250SB/モタードカスタム/メニューへ戻る

ペンスケ/フロント/リア/サスペンション/スプリング