1989年 8耐マシン炎上
 
アールエスタイチは89年鈴鹿8時間耐久ロードレースに
「カップヌードル YMタイチ HONDA」でチームを結成。

加藤は、HONDA VFR750(RC30)の鈴鹿サーキットでのナラシを用命された。

6時間のナラシ走行を終え、全開走行に移ると、鈴鹿サーキット フルコースを2分22秒台で周回することができた。

前年の8耐予選ボーダーは2分25秒台。

予選通過タイムを上回った加藤は8耐ライダーとして任命される。

(6時間もナラシをするとマシンの特性も徐々にわかるんだよね。
 新型を乗るときはこのナラシの時間が大切やね)

HRCの元ワークスライダーとして高い評価を受ける阿部孝夫氏とペアを組むことになった。

外国人ライダーペア CABIN HONDAのGP500ライダー ロブ マッケルニとアメリカAMAスーパーバイクライダー リチャード アーネイツ組と阿部・加藤組でアールエスタイチは2台体制で8耐に参戦することになった。

この年の8耐では結果はよくなかった。

外国人ペアは6週目転倒でリタイヤ。
加藤は、スタートから3時間ほど経ったあたりでダンロップコーナーで転倒。
マシンは炎上、加藤本人も救急車で運ばれリタイヤという結果であった。

次を読む

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~20:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. 曇り空の日曜日。
  2. 徐々に春が近づいて来て・・・準備は進んでますか?タイヤの減り具合も見ておいて交換時期...
  3. アールエスタイチさんの春夏カタログ。ファッション業界では、春夏物が発表される時期か。。。