最後に
 

84年 鈴鹿ロードレースでは
予選通過台数44台に600台のマシンがエントリーする中で予選に勝ち残り、決勝3位。

まさしくレースブームの中でレースを始め10年間に渡ってレース活動を続け、
最後に大怪我をしてレースをやめた。

現在は回復し五体満足でレースを辞められたのは本当に「よかった」と思う。

病院のベットの中でこの10年間、いろんな人に協力してもらい、いろんな人に迷惑もかけた。

でも、10年間本当に一所懸命やってきた・・・

ベットの中でふと自分のやってきたことに「もういいかな・・・」と思った。

 本当に一所懸命やった。

この戦歴を読んでくれた人には「たいしたことないやん。

「口ほどもないな」と思うかもしれない。

たぶん、一流と呼ばれるまたは呼ばれていたライダーはごまんといる。

でも、その中で一般のバイク乗りに自分の感じた事や技術、
ノウハウをフィードバックできているのは何人いる?

・・・オレの知る限りでは数名である。

悲しいかなライダーとして大成しても引退後、他の職業についている人がほとんどである。
病院のベットで考えているときは、バイク屋をやろうとは思ってもみなかった。

しかし、引退後またバイクに関わっているうちに「一般のライダーはこんな事も知らないの?」

「そんなに危ないことしてるの?」と思い始めた。

いや、正確にはMoto Salgoを始めてからそう思ったかもしれない。

「少しでも自分のレースの経験を生かせる職場を作りたい。」

今そう思い始めている。

Moto Salgoを始めたのは1999年。まだまだ修行中、勉強中であります。

最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

自分のバイクやライディングに不満を持っている人、
親近感を感じられない人は一度当店へ遊びに来てください。

どうぞお待ちしております。

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~20:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. 夕方の空がとても綺麗で思わず空にカメラを向けました。
  2. 台風一過とも言えるようなお天気の今日。
  3. 今日は、こんなお天気なので車通りも少ない1日。