LAP7 低速で”フラフラ”してしまう人!自分の技術よりマシンの状態をみてみよう
 
低速だとフラフラしてしまう人。

技術的なところもあるけど、
一度【ステアリング(ハンドル)】を止まっている状態で左右に振ってみよう。

 『大丈夫?何にも感じない?』

ステアリングがまっすぐ近くのとき何だか

 ”カクッ”

と引っかかる所はないですか?

もし、できるのであれば
フロントホイールを浮かした状態でやってみるとよく判ります。
(フロントホイールを浮かしてチェックする場合は危険ですので十分に注意してください。)

 ”カクッ”

となっていたら  

 『低速でフラフラする原因はそいつです!』

バイクは、まっすぐ走っている時やカーブを曲がっている時でも
(乗り手は気付いていないかも知れませんが)

 ”小刻みに”   

 ”微妙に”

動いているのです。

そうする事で走行中のバイクの”バランス”をとっているのですが、
その”カクッ”という所で”バランス”をとれなくなり”フラフラ”してしまうのです。

これはバイクショップで修理してもらいましょう。

この”カクッ”がないときは・・・

一度ゆっくりアクセルを開けながらリヤブレーキを軽く踏んでみましょう。
『くれぐれも、リヤブレーキはなナメルように軽くですよ。』

そのリヤブレーキの踏み具合で速度を調節してゆっくり走ってみましょう。
 
 できました?

驚くほど”安定”してゆっくり走れたでしょう?

バイクはアクセルを開けている時が 
”一番安定している(バランスがとれている)”ので、
その安定しているところで”リヤブレーキ”を使い
速度の調整をするのです。

これができれば、Uターンもすり抜けもラクになりますよ。

次を読む

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~20:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. 明日は11月29日ということで「いい服の日」ですね(´▽`)服といえば、昨夜の帰り道...
  2. 今日の写真は使用済みのエンジンオイルでございます。
  3. この冬は、加湿器を用意してみました。