LAP5 サーキット ~本来プロの走る場所~
 
私がレースに出場していた頃(1984年~1992年頃)はサーキットとは、
ライセンスを取得している限られた『レースのプロ』だけが走れる場所でした。

 『レースのプロ』

というのは、レースでお金をもらっている人達の事だけを言うのではなく、

 【レースに真剣に取り組んでいる集団・競技集団】

と言ってもいいと思う。
こういった人達が集まる競技場の役割が主なものでした。

しかし、

時代は流れ、バブルがはじけ、レースブームが去り『レースのプロ』達の数は減少の一途。

サーキットや2輪レースの協会である
「MFJ(財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会)」が
誰でもサーキットを走れる環境作りをしてきた。

別に批判をするわけではないが、
私の時代は「走行会」なんか「MFJライセンス」を持っている人限定の走行会しかなかった。

それ程サーキットは【ルール】や【リスク】を伴う物であると思っている。

P助が初めて走行会をお手伝いした時、彼女はバイクというものに接してきたのが
レースしかなかった為(公道市販車の種類も知らない状態)か

『サーキットを素人さん(これはあくまでも競技者でないということです)が走る?!
この場所は、競技場でスピードが出るように設計されてるのに
普通の人が走る!信じられん!』

と思ったそうです。

確かに一理あると思うのですが、
現在 各メーカーが販売しているバイクはどんどん性能が上がり
馬力も200馬力近く(私が乗っていたRC30は135馬力の175kgでした。)
160kg台のものもあります。

そんなバイク街中で必要? 私でも街中では持て余します(笑)

だったら、街中で無理にそんなバイクを走らすより、
少しでもそのバイクの特性を体感してもらう為にサーキットを走るのはいい場かも?
(安全面からも)と思ったりします。

速く走れば、またスピードを出せば出す程周りの皆さんは賞賛してくれます。

しかし!!!

ルールが守れなければ、あなたは【走行会のプロ】にはなれません。

次を読む

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~20:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. 夕方の空がとても綺麗で思わず空にカメラを向けました。
  2. 台風一過とも言えるようなお天気の今日。
  3. 今日は、こんなお天気なので車通りも少ない1日。