LAP3 サーキットは峠より安全?
 
サーキットはルールさえ守ればどんなに飛ばしても

 『怒られたり』

 『捕まったり』

する事はありません。

峠で速く走って物足りなくなった人がサーキットを初めて走ると、
ほとんど人が自分の

 『遅さ』

に気付いたり

 『下手さ』

に気付いたりします。

もちろん、コースに慣れていないということもありますが
ほとんどの人、特に自信満々の人によく見られる傾向です。
 ・
 ・
 ・
何故か?

皆さん、街中や峠で180km/hでヒザを擦って走れるコーナーはありますか?
250km/hからジャックナイフ(ブレーキで後輪を浮かす事)で
ブレーキするコーナーはありますか?

ないですよね。(したらいけません。)

要するに、街中や峠では

 【速度レベル】

が全く違うんです。

普段の生活でバイクに乗る事では
体感出来ないことを『常に体感している』ところが違うんです。

確かに

 『対抗車はこない。』

 『曲がりきれなくても回避場所が広い』

 『転んでケガをしてもサーキットには医療体制が整っている。』

などという環境にあります。

しかし!考えてみてください。

 【180km/hでコーナーを曲がりきれず転倒したら】

 【250km/hでブレーキをかけて転んだら】

打ち身だけで済んだら無茶苦茶運がいいです。
そう、運がいいだけです。

サーキットは速度レベルが高い分、
街中や峠より【危険度は実は高い】ということをよく認識しておいてください。

次を読む

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~20:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. 夕方の空がとても綺麗で思わず空にカメラを向けました。
  2. 台風一過とも言えるようなお天気の今日。
  3. 今日は、こんなお天気なので車通りも少ない1日。