モトサルゴ公式ブログ

こんなことあったな <p>

タイヤに空気を入れる箇所のバルブの付け根が
ゴムになっているものは、長年使っていると
ゴム部分が劣化して亀裂が入ることがあります。

長年乗っているバイクや年式が古いバイクで
ホイールバルブを交換されてない場合は
気にかけてみると良いかと…

ゴム部分に亀裂が入ったお客さまのお話を聞いていると
ガソリンスタンドで空気を入れようと少しバルブを
動かしたら亀裂が入って一気にタイヤの空気が抜けたとか
しばらく乗っていなくて気が付いたら駐車しているバイクの
タイヤの空気が抜けていて、パンクした様子もないのに
ほぼ空気が入っていないとか…がありました。

金属製のバルブに交換しておくと
こういう心配からは、ほぼ解消されますから
タイヤ交換のついでなどに一緒にやってしまうと
作業代も単独でやるより安くて済みますよ♪

(´-`).。oO あれ、どんなバルブが着いてたかな…

と思った皆さま。
一度、みてみてくださいまし^^

あ、長年交換していなくてゴム部分の亀裂が心配な方は
触ってみるときは、十分注意してくださいね。
センタースタンドをかけた状態でチェックすることを
強くお勧めします。

それでは、また明日 (@^^)/~~~

CT110

関連記事

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~19:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. お客さまとの話題の中で「鈴鹿8耐」が出てきまして久しぶりに鈴鹿サーキットのホ...
  2. コロナ禍となってからお店のツーリングは行っていませんが懐かしくなって写真...
  3. 2022.5.15

    週末 <p>
    直近の行動制限がかかっていた期間が終わってから2か月近く。