モトサルゴ公式ブログ

パンク修理 <p>

タイヤがホイールから外れて(/_;)とお電話いただいて、お話を伺うと…
タイヤに空気があまり入っていなかった状態で走られたみたいでした。

バイクを引取り、見てみるとリアタイヤがパンク。

パンクしたことに気付かず乗っていると
タイヤの空気がどんどん減って、カーブに差し掛かった時
タイヤがたわみ、ホイールからタイヤが外れてしまう。

原付スクーターだと、年に数回程度、同じようなご依頼があります。

カーブに差し掛かった時にこれが起こると
怖い思いもしますから、パンクしたときは
早めに気が付き、修理をしておかれると良いですね。

パンクだけでなく、長らくタイヤに空気を入れていないなど
空気圧が極端に減っているときも同じでしょうから
「タイヤの空気いつ入れたっけ?」という方は
空気圧を適正値にしてみてくださいね(^人^)

どこで、空気を入れたらいいのかわからない方
モトサルゴまでどうぞ、空気いれます(^^)

 CT110

関連記事