モトサルゴ公式ブログ

タンデムシート <p>

 

ツーリングに行ったときは、タンデムシートに座らせていただいているのですが
景色やスピード感、空の色、バイクの振動や音、リズム、バランス、風や気温…
いろんなものを感じながら乗っているように思います。

私は、空がいつもより近く感じられることと、運転しなくても
バイクを感じられるというお得感、その場に身を置いているという
ダイレクトな実感が楽しみでもあります。

今は、こういう感覚をまったりと感じられる余裕がありますが
初めての時は、こういう余裕はありませんでした(^-^;

当時のことを思い返すと…
バイクはYAMAHA SRX250で、運転手はカトちんですが
現役選手を引退して、1,2年経っていたでしょうか。

今考えれば、休日のまったりしたツーリングで
ひと山越えた向こう側へというルートでした。

その「ひと山」は車で何回も通過したことがある道だったので
特になんとも思っていなかったのですが、いわゆる峠道。

登っていく段階で、バイクが左右に傾く事に恐怖感が…
頭の中では、カトちんが怖がらせるような運転をしているわけではない
そう十分わかっているのだけど、、、慣れない(@ー@;)

山頂あたりで止まってもらい、正直に「ちょっと怖い感じがする」
と言ったら、「引き返そうか」と言ってくれましたが
引き返すにしても先に進むにしても、しばらく峠道なわけですから
頭を切り替え、怖くないと思える方法を探すことに決めました。

自分が運転しているつもりで、カトちんの肩越しに前を見て
コーナーの少し先を見ながら、、、と試していたら
あらま、、、あっという間に慣れました 笑

あとは、後ろに乗っている人もニーグリップで下半身を支え
上半身はタンデムベルトやグラフバーをしっかり手で握って支え
イメージ的には、バランスボールに乗ったような感じかな…
頭の位置をあまり動かさないよう、体幹を意識しつつ
体を柔らかく使ったがいいかな。

バイクの後ろに乗せてもらった人が「怖い」と思うのは
解らなくともないのですが、、、
ちょっとした工夫で怖さはなくなるのではと思うのです。

私の個人的な見解で恐縮ですが、タンデムシートに慣れたいと
思う方のヒントになれば幸いに思います。

ただ、乗りたくないと思う人は無理に乗せないことをお勧めします。
乗りたくない方には、乗りたくない思いがありますゆえ(´ー`)
運転する方が怖い思いをする可能性もありますからね…。
タンデムシートからでした (^^)/~~~
CT110

関連記事

〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
TEL:072-753-2561 / FAX:072-753-2562
平日:11:00~20:00
日祝日:10:00~19:00

古物商許可店 大阪府公安委員会
第622031304356号 加藤 裕之

ピックアップ記事

  1. 今日は、チキンラーメンが発売された日ということで即席ラーメンの日なんだそうです。
  2. いつもとバイクの調子が違うということでご来店いただいたお客様。
  3. 2019.8.23

    夕立 <p>
    夕立でできた水たまり。